×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師不足が叫ばれる今日この頃ですが、この資格を上手に使って就職転職を有利に運びましょう。

看護士になりたい理由を述べる際は、実

看護士になりたい理由を述べる際は、実際に

看護士になりたい理由を述べる際は、実際に何をきっかけとして看護師になりたと考えたのかを加えることで印象が良くなります。
転職に関しての志望動機は、これまでに培った技術を活かしたい、さらに誰かの役にたてるような技術を身につけたいなど、明るく好印象を与えるものにしてください。
以前の職場で感じていた不満や悪口はいわないようにすることが重要です。

看護士の求人はいくらでもありますが、望んでいる条件の求人が存在するとは限りません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。


できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤のないところで働きたいと思う人が多いはずです。希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要になるのです。

看護師の資格を得るためには、何通りかの道すじが挙げられます。



看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。



試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習することが必要なのです。看護師の勤務しているところといえば、病院だと思うのが一般的でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で保健師の方と連携して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の職務です。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を資格が行います。看護士資格を持つ人材の求人は多いのですが、自分の希望に合った求人が見つかる訳ではないのです。



看護師の資格を取得している方で就職すればそれで良いという人は少ないはずです。給料も多めで尚且つ健全な職場環境で、勤務は日中だけという仕事場で働きたいと考えている人の数は多いものです。
希望にピッタリの転職をするには、情報をいかに集めるかが重要なポイントです。
ナースの勤務先といえば病院という位置づけが当たり前のことでしょう。また、ナースの資格を活かせる職場は、病院以外にもそれはあることです。保健所で保健師とのチームプレーで地域住民の健康上のいろいろなケアをするのも看護師の責任です。


また、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、ほとんどの医療行為をナースが行います。
日本の看護師の一年間の収入は平均すると437万円あたりです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として勤務しているため、年収を平均してみると593万円ほどになります。公務員資格は給料の上がる率も民間病院と比較して高く、福利厚生もしっかりしています。
準看護師のケースだと、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。看護師が転職をするにあたっては、将来のことを思い描いて迅速に行動することが重要です。



さらに、何を重点的に考えるのかを決定しておいた方がいいでしょう。

将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望に沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましよう。
平均年齢の高まりに従い、養護老人ホームなどでも看護師の需要は増加傾向にあるのです。
それに、大企業になると医務室などにも看護師が待機していて、健康診断や健康相談、ストレスなど精神面の治療をやっています。こういった場合、その会社の従業員として働くこともあるのではないでしょうか。

産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健について指導したり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。

産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、職業案内所で見つけるのは不可能だと思います。
興味のある方は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。そういうサイトなら、産業資格の募集も数多く載っています。

関連記事

Copyright (c) 2014 看護師資格の使い方 All rights reserved.