×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師不足が叫ばれる今日この頃ですが、この資格を上手に使って就職転職を有利に運びましょう。

看護士だと、求人はたくさんありますが、希望と一致

看護士だと、求人はたくさんありますが、希望と一致

看護士だと、求人はたくさんありますが、希望と一致する条件の求人が存在するとは限りません。看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。

なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと思う人が多いはずです。希望通りの病院などに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。

全国で働く看護師の年収は平均437万円ぐらいです。ですが、国立、市立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員という立場での勤務のため、年収は平均593万円ぐらいになります。

公務員看護師は給料の上がる割合も民間病院と比べると高く、福利厚生も十分です。
準看護師のケースは、資格よりも平均年収が70万円ぐらい低いです。

高校入学時に進学先が衛生看護科だと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変更は困難です。

また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、期間が短いことが理由で勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護士の志望動機を述べるときは、実際に何をきっかけとして看護師を目指すようになったのかを加えることで印象が良くなります。



転職においての志望動機は、今までに培ったスキルを活かしたい、もっと誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、未来を明るくみせるようなものにしてください。前の職場の不満や嫌だったことなどの悪口はいわないように心掛けることが重要といえます。看護師国家試験に受かるよりも、看護学校卒業の方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年させられるそうです。厳しい学校を卒業して、国家試験もパスした方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
看護師の働くところといえばホスピタルという印象がだれもが思うことでしょう。

しかし、看護師の資格を有効にさせる職場は、ホスピタルだけでは有りません。保健所で保健師とのチームワークで地域住民の健康上のいろいろな対応をするのもナースの役割です。また、福祉施設には医師がいつも居るところは少なく、大部分の医療行為をナースが行います。


看護師への求人は数多くありますが、求める条件に合う求人が必ずあるとは限りません。看護師資格を有する方で就職さえできればどんな条件でも良いと思っている方は少ないでしょう。

できる限り高収入で職場環境も良く夜勤のなく良い環境で働きたいと考えておられる方々が大多数です。志望通りのところに転職するには、情報収集することこそが重要になってきます。ナースの転職を成功させるには、これからのことを考えて早めに行動することが重要です。

また、何に重きを置いて考えるのかを設定しておきましょう。


今後どうなりたいかを明らかにして、その考えに合った転職先のデータを少しずつ取り寄せてください。

収入、職場の環境、勤務の形態など、自分にとって妥協できない条件も考慮しましょう。看護師の資格をとるための国家試験は、1年に1度あります。

看護師の不足が問題となっている我が国にとっては喜ばしいことにここ数年の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高い水準を維持しております。

看護師の国家試験は、大学入試のような落とす目的の試験ではなく、一定のレベルをクリアできれば合格できるものです。
日本国内の看護師の年収は平均してみると437万円ほどです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として働いているため、平均年収は593万円ほどになります。公務員看護師は給与がよくなる率も民間病院と比べて高く、福利厚生もきちんとしています。準看護師を例にとると、看護師よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。

関連記事

Copyright (c) 2014 看護師資格の使い方 All rights reserved.