×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師不足が叫ばれる今日この頃ですが、この資格を上手に使って就職転職を有利に運びましょう。

全国の看護師年収は平均して437万

全国の看護師年収は平均して437万

全国の看護師年収は平均して437万円ほどです。



ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料UP率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。

準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。さらに、大きな会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを行っております。こういったケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあることでしょう。

看護師をめざすきっかけは、具体的に何をきっかけにして看護師を志望するようになったのかを加えると印象が良くなります。


転職を望む動機は、今までのキャリアを活かしたい、もっと人の役に立つスキルを体得したいなど、積極的な印象を与えるものにしてください。前の職場で折り合わなかったことは言わないようにすることがポイントです。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度あります。看護師不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格できる国家試験です。
看護士の求人は多数ありますが、理想にピッタリの求人があるとは限りません。
看護師として働ける人ならば就職できるだけでいいという方は多くないでしょう。

なるべく給料も高く人間関係も良く、働くなら夜勤がないところで勤務したいと思う人々が大勢いるのです。
希望の条件を満たした職場に転職するには、情報をいかに集めるかが重要なポイントです。
看護士の求人は多くありますが、希望に合った条件の求人があるとは限らないものです。看護資格を持つ方で就職できればいいやと思っておられる方は少ないでしょう。

できるなら給料が高く、職場環境が良く、夜勤のないところに勤めたいと思われる方が多いです。希望に一番近いところに転職するには、情報の収集を怠ってはいけません。



看護師が転職を成功するためには、将来の思い描いて早めに行動することが大事です。


加えて、何を決め手とするのかを思い定めておいた方がいいでしょう。将来どうしたいのかを明白にして、人生設計に合った転職先の情報を幾らかずつでも集めておいてください。年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対必要な条件も想定しておきましょう。日本の看護師の給料は平均すると437万円ほどです。

だが、国、市、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員という立場での勤務のため、平均年収は593万円ぐらいになります。



公務員看護師は給料のアップルする率も民間病院と比較すると高く、福利厚生もしっかりしています。

準看護師のケースは、看護師と比較して平均年収が70万円ぐらい低いです。


看護士になりたい動機は実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えれば良い印象になります。


転職の理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないことが大切です。看護師の資格をもらうための国家試験は、年に1度行われます。看護師の不足が問題となっている日本にとり、喜ばしいことに、ここ数年、看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を維持している状態です。


看護師の国家試験は、大学入学のような不合格させるための試験ではなく、決まっているレベルをクリアできればパスすることができる試験です。


関連記事

Copyright (c) 2014 看護師資格の使い方 All rights reserved.