×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

看護師不足が叫ばれる今日この頃ですが、この資格を上手に使って就職転職を有利に運びましょう。

日本全国の資格の年収は平均して437万円ほどです。

日本全国の資格の年収は平均して43

日本全国の資格の年収は平均して437万円ほどです。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院に従事する看護師は、公務員として従事しているため、平均年収は約593万円になります。公務員として働く看護師は給与の上がる率も民間病院より上で、福利厚生もきちんとしています。準看護師の場合をみてみると、資格よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。
看護師の勤め先といえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。
ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所において保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役割です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為を看護師が行います。看護師になるための試験は、毎年一度ずつあります。
看護師の数が不足している現在の日本にとって嬉しいことに、最近の看護師資格試験の合格率は、90%程度の高い水準を、確保しています。
看護師試験は、大学入試などのふるい落とす形式ではなく、一定の点数を取れれば資格を与えられるシステムです。
資格産業看護師とは、企業を職場とする看護師をいいます。

看護師といったら病院、クリニックの印象が強いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。


具体的な仕事内容やその役目は勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し、管理することはどの企業でも行う仕事と思ってください。

現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設でも需要が拡大してきているのです。また、大手の会社になると医務室があり、そこにも資格がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。

こういった場合には、その会社組織の社員として入社をすることもありうるでしょう。



看護師の職場といえば病院という印象が大部分が思うことでしょう。
しかし、看護師の資格を有効にさせる職場は、病院だけでは有りません。保健所で保健師と意思疎通を充分にして地域の住民の健康上のいろいろなケアをするのもナースの役割です。また、福祉施設には医師がいつも居るところは少なく、大部分の医療行為をナースが行います。

全国で働く資格の年収は平均は437万円ほどです。だが、国、市、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員という立場で仕事をしているため、年収は平均593万円ぐらいになります。


公務員看護師は給料のアップルする率も民間病院と比較すると高く、福利厚生も充実したものです。準看護師のケースは、看護師と比較して平均年収が70万円ぐらい低いです。看護士を求める募集はいくらでもありますが、希望通りの求人があるとは限らないものです。
看護資格をお持ちの方で就職できればいいと考える方は少ないでしょう。


できるだけ給料が高めで職場の環境が良く、夜勤のないところに勤めたいと思っている方がほとんどです。希望に一番近いところに転職するには、情報収集が鍵を握ります。
看護士を志望する動機は、実際に何が理由で看護師になりたいと思ったのかを加えると、印象が良くなります。

転職においての志望動機は、今までに経験したことを活かしたい、さらに多くの人の役に立つ技術を身につけたいなど、前向きな印象を与えるものにするべきです。以前の職場で不満に思ったことや悪口はいわないように心掛けることが大切です。看護師資格を得るための国家試験は、年1回行われます。

看護師不足を問題視している日本にとっては嬉しいことに、ここ数年の看護師資格の合格率が90%前後ととてつもなく高い水準を維持してます。看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験じゃなく、一定のラインをクリアすれば合格できちゃう試験です。


関連記事

Copyright (c) 2014 看護師資格の使い方 All rights reserved.